PRINCESS ROOM CREATIVE CAMPANY
News Release

〜日本 モナコ友好10周年記念事業〜

 

『モナコ大公宮殿公認』『 GRACE KELLY展公式 Project』

〜Grace Kellyの世紀のロイヤルウェディングドレスの忠実な再現〜

 

オスカー女優からモナコ公妃となった グレース・ケリーのロイヤルウェディングとその美しさは世界中を魅了し、「世紀のウェディング」として語り継がれています。

 

このたび、ウェディングの総合企画をはじめ、特殊衣装の製作、世界婚礼文化の研究、国際交流事業を行っている㈱プリンセスルームは、日本・モナコ友好10周年記念「グレース・ケリー展」のオフィシャル企画に協力参画、公式Projectグレース・ケリーのウェディングドレスの忠実な再現・総指揮を行いました。

 

世紀のウェディングと称されるグレース公妃のウェディングドレスを再現は、

一時は不可能とされるほど困難なものでしたが、

日本全国、大勢のスペシャリストや産地の方々の夢と情熱により、実現。

まさに奇跡の製作となりました。

 

製作に携わってくださったすべての方々に心からの感謝と、

生涯、文化芸術と美しい花を愛し、人々に勇気と希望を与え続けてこられた

グレース公妃に心からの敬愛を込めて、このドレスを捧げます。

 

           グレース・ケリー展実行委員

           Grecce Kelly世紀のロイヤル・ウェディング製作総指揮

                 ㈱プリンセスルーム代表取締役 木村麻子

 

 

『〜一時は”不可能”とされたドレスの奇跡の再現〜』

 

モナコと日本の永久なる友好を象徴し、

 

日本最高峰の技術で世紀のロイヤルウェディングドレスを再現する、

という世紀のビッグプロジェクトは、構造情報の不足、製作不可能な素材の入手など、予想をはるかに超える困難が立ちはだかり、一時は不可能と思われるものでした。

 

しかし、関係者の懸命な尽力により、貴重な当時の資料を入手。

本物のウェディングドレスを保管している、アメリカペンシルバニア州のフィラデルフィア現地関係者による全面バックアップや、

 

現代の技術では二度と製作することができない、宝石よりも高価で、美術館に所蔵されるほど貴重な18世紀の世界最高峰のベルギーのアンティークレースを、日本における古典レースの第一人者である飯野美智子氏のご尽力により入手、

装飾・製作協力のご協力を頂けたこと、

 

パールやシルクタフタなど、日本最高峰の素材、美しいディティールを生み出す縫製・技術者の方々の情熱的なご協力により、奇跡的に実現したものです。

 

世界一美しい花嫁が纏った永遠のエレガンスの象徴である「世紀のウェディングドレス」は、日本のブライダル業界、ファッション業界、レース業界など大勢のご協力、技術を駆使した奇跡の1着は、私達関係者の夢とロマンの実現であり、日本とモナコの永久の友好の象徴として、永遠に輝き続けると信じています。

 

美しいモナコと、

愛する家族の名前を冠したバラの下に眠るグレース公妃に捧げます。

 

「グレース・ケリー展」オフィシャルサイト :

http://www.gracekelly-exhibition.com/

 

© 2017 PRINCESS ROOM, Ltd.